このページの本文へジャンプする

学校生活ブログ

『 本当に大切なことは・・・。』

2020/05/02

『 本当に大切なことは・・・。』

生徒指導部

主任 大丸忠

 

『世界は誰かの仕事でできている。』これは、2014年からジョージアのCMで、採用されている“キャッチコピー”です。2014年と2020年CMのイメージポスターを、見比べてみると明らかに世相の違い(変化)が反映され、実に、面白いです。キャスティングの凄さもさることながら、どちらのCMも、俳優演じる仕事人が、自らの仕事に誇りを持ち、気概を感じる顔つきは、観る者の胸を熱くさせ、やる気を起こさせる力があります。私自身、幾度となくこの言葉に勇気をもらいました。

 

さて、新型コロナウイルスが、猛威を振るうなか、政府による緊急事態宣言の延長が表明(5月4日正式決定)されました。このような状況下においても、感染リスクが高い現場で、新型コロナウイルスと果敢に戦う人たちがいます。自らを危険にさらして治療や検査にあたる医師・看護師・臨床技師ら医療従事者たちです。その家族も同様に。医療・物流だけでなく、スーパーの従業員や保育・介護・清掃・警備などは、私たちの生活を支えるインフラであり、不特定多数の相手と接触する機会が多い。

いつ感染するかわからない恐怖を抱えながら働く人々の精神的な負担は相当なものでしょう。

まさに、『世界は誰かの仕事でできている』というキャッチフレーズそのものです。改めて、「本当に大切なこと、物事の本質は、目に見えないものだ」と痛感させられました。

私たちは、日頃から、目に見えないものを見ようとする努力を怠らず、相手を慮る[おもんばかる]気持ちを大切にしたい。

 

この現状を、一気に打開する魔法の杖などありません。ぜひ、命を最優先に考えてください。命あっての家族、命あっての仲間、命あっての未来です。家族との時間を大切に、丁寧に過ごしてください。

 みなさんが投稿してくださる『こんな時だからこそ選手権』の動画や写真に、私たち教職員も元気をもらっています。感激しています。ありがとうございます。

早くみなさんの元気な笑顔を見たいです。早くみなさんの元気な声を聴かせてください。そのことをモチベーションに、私たち教職員も試行錯誤しながら、動画配信や教員研修会等の様々な取り組みを行っています。先生方も活気とやる気に満ち溢れ、みなさんを迎える準備をしています。

 

こんな時だからこそ、たくさんの本を読んでください。たくさんの素敵な「言葉」に触れてください。そして、本当に大切なことを見極める素直な心を育み、お世話になっている方へ、感謝の「言葉」を伝えましょう。

『あなたは誰かに支えられている』そして、『あなたも誰かの支えになっている』

すべては、繋がっています。私たち“TOKAI FUKUOKA”は、ひとつのチームのような学校です。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up