このページの本文へジャンプする

東海大学福岡校長先生のブログ

「勝利の神様は細部に宿る」 ~2022年度建学記念式典スピーチ~

2022/10/31

おはようございます。

先般のけやき祭WEEKはお疲れさまでした。本当に、たくさんの来校者を迎え、大成功に終わったと思っています。皆さんの笑顔のおかげ、周りの人を笑顔にしたいという気持ちのおかげだと思っています。ありがとうございました。

 

現在は、各部活動の秋の大会も佳境を迎えています。先週は女子バスケットボール部が、全国大会第1号でウィンターカップ出場を決めてくれました。また、一昨日の男子サッカーの準々決勝では、100分間の死闘の上、筑陽学園に勝利し、今週の土曜日、東福岡高校との準決勝に臨みます。全校応援体制で応援したいと思います。また、惜しくも敗れてしまったクラブは本当にお疲れ様でした。これからチャレンジをするクラブは、ぜひがんばってください。

 

さて、今日は学園の建学、そして本校の創立をお祝いする式典です。いつもは、スクリーンを活用したりして、メッセージを出していますが、本日は式典ですので、このマイク一本で勝負したいと思います。

 

今日、皆さんに伝えたいメッセージは、「人生の勝利の神様は細部に宿る」というお話

です。6年前、本校の創立50周年記念式典で、サッカーの元日本代表監督の岡田武史さんが話をしてくれた「勝利の神様は細部に宿る」というお話からします。岡田さんは日本代表を初めてワールドカップ出場に導いた名監督で、今はFC今治というJ3に属するサッカークラブのオーナーをされています。「勝利の神様は細部に宿る」とは、小さいこと、細かいことを、ごまかさないで、積み重ねることで、大きな勝利を得られるということです。こういう話をされてました。グラウンドの四隅にコーンを置いて、チーム全員でコーンを回ってランニング練習をしていたそうです。ある一人がズルをしてコーンの内側を回っていたそうです。たった数メートルの差ですが、これを許すチームは絶対に強くならない。とおっしゃっていました。その通りだと思います。当たり前のことを当たり前にできないチームは、大事な場面でボロがでます。グラウンドやコートをきちんと整備する。用具や練習道具はきちんと整備して並んでいる。個人の荷物も整理整頓して整然と並んでいる。そんなチームが、本当に強くなっていくのだと信じています。岡田監督だけではありません。あのエンジェルスの二刀流の大谷翔平選手も花巻東高校時代から「勝利の女神は些事にあり」をモットーにしているそうです。いずれにせよ、細かいこと、小さいことをおろそかにしないで、積み重ねていくことが、大きな勝利・大きな成功につながるということです。

 

さて、このことはスポーツだけではありません。チーム東海福岡全体でも言えることだと思います。授業ではチャイムで着席していますか?始めと終わりの挨拶はちゃんとや

っていますか?机の上や机の中はきちんと整理整頓していますか?「おはようございます」「こんにちは」「お願いします」「ありがとうございます」などの挨拶は明瞭な声でできていますか?先日行った身だしなみ強化週間もそうです。きちんとできていましたか?スカート丈が少々短くても、どうでもいいと心の中で思っていませんか?命を奪ったり人権を脅かすようなルールなら、大いに反対の声を上げてください。でも、組織の秩序やチームのブランドイメージを守るルールは必要です。大事なことは、その組織・チームに属する限り、小さいこと、細かいこと、そして当たり前のことに、こだわりを持つことです。こういった、当たり前のことを、細かいこと、小さいことを、当たり前にできることが、チーム東海福岡が強いチームなることです。

 

では、なぜチーム東海福岡を強い集団にしたいか、わかりますか。それは、皆さん一人ひとりを強くしたいからですよ。スポーツでは、強いチーム出身の選手は、上のステージに行っても活躍しますよね。同じです。強いチームすなわち強い高校の出身者は、大学や次のステージに行っても、そして社会に出ても、必ず活躍できます。私は、チーム東海福岡を強いチームにしたいと思っています。そして、強いチーム東海福岡を卒業した者は、この社会で活躍して欲しいと思っています。すなわち、チーム東海福岡がもっと強くなれば、皆さん自身も強くなれる。皆さん一人ひとりがもっと成長できる。そして、社会にでても、チーム東海福岡のプライドをもって堂々と人生を歩んでほしいと願っています。これが、「人生の勝利の神様は、細部に宿る」という話です。

 

このあと、本校の卒業生でもあるKENNZOさんからの講演会があります。本当に楽しみですね。でも、私の話、「人生の勝利の神様は、小さいこと、細かいこと、当たり前のことの積み重ねにある」ということを、どうか、忘れないでください。

 

チーム東海福岡56周年、みんなでチーム東海福岡をもっと強いチームしましょう!

  • 前の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up

TOP