このページの本文へジャンプする

学校生活ブログ

「わかるから楽しい」

2019/07/10

「わかるから楽しい」  授業改革としてのアクティブラーニング            

教務主任  田 中 明 人

 

昨年から始まったアクティブラーニング授業。それぞれの生徒が主体的な学びのスタイルを構築するために、動的な授業を行うことを目指しています。先日、行われた校内の研究授業では、それぞれの教科が、その特性を活かして授業を行っていました。また、ICTの使い方も様々で、授業を参観した教員も刺激になりました。

 どんな生徒も向上したい気持ちはあると思います。わからなかったことがわかったり、出来なかったことが出来るようになることはうれしいことです。アクティブラーニングの授業では生徒の「なぜ」を大切にしています。一方的に知識を注入するのではなく、個人・集団で学習活動をしながら、「なぜ」を明らかにしていく授業は学ぶ意欲を向上させます。表情も生き生きしています。

 「学ぶということは、何かが変わることだ」という言葉を聞いたことがあります。僅か50分という時間の中で、アクティブラーニングを通して生徒の何かが変わるということは、明らかに学んだ瞬間でもあると思います。

 抽象的な文章になってしまいましたが、これからも私たちはアクティブラーニングやICTを活かして、「分かるから、楽しい」授業を構築していきたいと思っています。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up